通販サイトで着物を買おう|成人式には振袖で

和柄の移り変わり

着物姿の女性

色々な着物の柄

もともと日本史が大好きで学校の日本史の教科書をみると出来事もさることながら、その出来事の絵画や美術品をみるといろんな模様が所々にのっていて、特に女性の着物の柄をみてみるのか楽しかったです。平安時代では十二単の色の重ね方も鮮やかで綺麗だし江戸時代の打ち掛けの高級そうではありますが模様の細かさ、華やかな模様の色合い、明治大正時代のシンプルそうでモダンな着物をみると着付けは出来ませんが着てみたいと思います。美術品も扇子や屏風、襖、手の込んだ細かい模様をみると外国の方に人気もでるだろうと思います。着物は着物屋さんで購入するのが一般的ですが、最近では通販ショップでも手軽に購入出来るようです。通販で着物を購入出来れば、外国の人でも購入しやすくなりますね。着物などに施されている和柄は外国の人にもとても人気があるので、こういった通販ショップがどんどん増えてくれるといいなと思っています。

いろんなものが欲しい

和のものにノスタルジアを感じ自分の手元に置いてそれを楽しみたいと思いいろんなグッズを探すようになりました。カジュアルファッションのお店でリーズナブルな値段で販売されていた和柄の洋服を買いました。どのような洋服かというと、桜の模様や月とうさぎが描かれているパーカーとロングTシャツです。そのデザインがとても好きで頻繁に着ていました。最近のお気に入りは和風雑貨屋さんで見つけた裏地が起毛の足袋です。うさぎと椿の絵が描いてあるものを2足ほど購入しました。冷え性の私の足をとても温めてくれます。椿の柄が可愛くて、とても気に入っているので、来年の冬もお店で見つけたら必ずリピート買いします。スマホのきせかえ画面も和柄が気になっています。春は桜、夏は金魚や花火、秋は月やうさぎ、そして紅葉、冬は椿や梅、雪など豊富です。こうした絵や景色をみると、身近に日本の四季を感じることが出来ます。昔、学生の頃にみていた日本史の教科書を思い出します。